若さのパワーか熟練の技か

ロンドンオリンピックが盛り上がってきています

ロンドンオリンピックが盛り上がってきています。
帰宅したころからやっている予選を見ているとついつい力が入ってしまい、夜中や朝方の決勝なども寝ずに見てしまうことが多いです。

そして、競技を見ていて感じるのが4年という歳月の残酷さと素晴らしさです。
4年前があんなに若さとパワーのあった選手がほぼ4年ぶりに見ると熟練の風格を持っています。

しかし4年前よりも明らかにパワーダウンしているように見受けれられる選手も多く、スポーツの難しさをつくづく感じてしまいます。
それでも、熟練の技で2大会も3大会も連続で出場しているような選手には正直頭が下がる思い手いっぱいです。

4年も8年も長い人では12年も世界の一流のアスリートとして活躍できるのは並大抵の努力では考えられません。
その日々の努力がプレーの素晴らしさを生んで私たちを感動されてくれるのでしょう。

やはりオリンピックは素晴らしいです。
日本もあまりお金のことばかり考えていないで招致に本気を出して、次世代を担う子供や少年たちに目の前でこのプレーを見せてあげればどうでしょう。

ウェディングケーキの事実

大人になって初めて知る事ってありますよね。
例えばウェディングケーキです。私が子供の頃、母親の妹。

つまり私のおばさんの結婚式に参加をしたことがあるのですが、おばさんの結婚相手が非常に艶福家だったので、今まで見たこともないような豪華な結婚式でした。
当然ウェディングケーキも首が痛くなるくらい見上げないといけない位、大きなものでした。

しかし大人になって、あのウェディングケーキが実はケーキカットをする分だけが本物で、あとはハリボテと知った時の衝撃は忘れられません。
考えてみたら、あんなに大きなケーキは参加者全員いても食べきれませんよね。

子供の頃に食べたウェディングケーキの味は、とても美味しかったものでした。
きちんと生クリームも使われていましたが、大人になって友人の結婚式に出た時に食べたウェディングケーキは、残念ながらバタークリームが使われていました。

別にバタークリーム批判ではないのですが、生クリームの方が私は好きなのです。